人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

面白い人材

ただ単に仕事ができるという人は必要ない。いずれの人も顧客サービスをし、毎日の生活を楽しくすることによって利益をあげることがビジネスなのである。そして、その基本は「個人の資質を決して軽んじない」ことである。ありのままの自分を好きなように自由に表現し、その個性を活かしてユニークな会社を目指すのである。楽しく働くコツをつかむのである。

従業員は単なる資源ではない。欲求と感情を持つ生身の人間なのである。その人たちを満足させることこそが最も重要な課題なのである。きつい仕事やストレスのたまる競争を解消する方法は、「楽しむ」ことである。楽しさは個人の資質にかかっているので、そういう資質のある人が重要である。また、多くの人間は、多かれ少なかれ、そういった資質は持っているものでもある。

個人の独創性や個性を認め、尊重し、称賛していく。特定のタイプの個性を求めるのではなく、仕事を通して古いしきたりを打ち破り、自由に行動していくことを奨励する。従業員には個性を磨く自由が与えられていることが重要である。歌やダンスが得意な人も、おとなしい性格の人も、それぞれにその個性と才能を活かして仕事をすればいいのである。いかに「ありのままの自分でいること」を求めていくかである。「ありのままの自分である」自分をさらけだせない人は、自滅していく可能性が高いのである。それは、会社にとっても大きな損失につながっていくのである。本来の自分を偽るような人は、毎日の生活の中でかなりのストレスを溜め込むはずである。そして、そのストレスは、サービスを提供する顧客やいっしょに働く同僚に向けられていくことになる。これが、会社にとっての最も致命的な敵となるのである。

著:佐藤創紀 →https://www.gdl-j.co.jp/archives/001031.html


■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。