人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

無駄を省く

GE(ゼネラル・エレクトリック)社の元会長兼CEOであったジャック・ウェルチ氏は「自信を持っている人だけが、無駄を省ける」といっている。つまり、自分の仕事に自信のない人間ほど、仕事を複雑なものにし、またすばやい対応も出来ないということをいっているのである。従業員ひとりひとりの自信を育てることにより、仕事はどんどん簡素化されていくのである。

従業員に自信が育ってくると、なにごとも常に謙虚に考えられるようになってくる。するとさらに従業員は大きく育っていくものである。尊大な考え方をしていくと会社はすぐに萎んでしまうのである。たとえば会議ひとつをとっても、会議は常に「行動する」ために開催されなければならない。「ゆっくり考えてみようか...」などというような会議を開催しても、まったくの時間の無駄なのである。会議が終わったらすぐにその行動にとりかかるのである。そして全員が意欲的で、ひとりが何人分もの仕事をこなしていくのである。

そのために従業員は自信を持っていなければならない。自信を持っていれば、仕事を簡略化していく。簡略されれば、多くの従業員が携わることが出来、仕事に集中しよい結果が生まれてくるのである。行動に直結してくるのである。その仕組みを考え実践していくのがまさに育成である。

著:佐藤創紀 →https://www.gdl-j.co.jp/archives/001031.html


■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。