人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

状況に腹を立てる "ネズミ" に陥ってはいけない

日本企業にリストラの嵐が吹き荒れた頃「チーズはどこへ消えた」という小冊子が売れた。

そこには、4匹のネズミが登場する。
いつもあったチーズの場所から、突然チーズが消える。

行動的な2匹のネズミは、すぐに場所を変える。
残りの2匹は「そんな事はない。いつもあったのだから...」と留まり続ける。

でもチーズはこない。
そのネズミは、次第に腹を立てる。
「なぜそんな理不尽な事が起こるのか?」と。
「そんなことはあり得ない。世の中が間違っている」と考える。

・・・・

こうやって比喩的に表現されると「状況に対して腹を立てて行動しない自分」にも気づく事がある。
リストラのショックを和らげるため、心構えをさせるため、そんな位置づけの本として考えるのはもったいないと思う。人間誰しも陥りがちな思考だからだ。

名言ナビゲーター城田真吾さんのメルマガを読んで、そんな事を考えた。

●大きな変化がおきたときに、最も危険なことは、変化そ のものではなく、今までと同じ方法で行動することであ る。 【ドラッカー/経営学者】 名言ナビゲーター城田真吾 ◇登録、解除フォーム http://www.isk.ne.jp/cafe/pcmail.html

文責:田辺和彦

■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。