人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

「心からのサービス」

従業員同士がすぐれた顧客サービスに対して組織を超えてお互いに感銘を与え合う。これには、常に従業員が良識に基づいて行動することが大切である。従業員が顧客にへつらうようなことはけしてする必要はない。どんな事態が発生しようとも、賢明な判断を下し、正しい選択をすることができると信頼されなければならない。

これは職場や会社だけではなく、常にすべての人(家族・友人・同僚・顧客)に期待以上のものを与えることを習慣にしていく。真心から生まれるサービスは、人の心をつなぎ、人生に意味をもたらし、人間性を高めてくれるものである。そこにこそ幸せがあるのである。

人は、何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになるものである。サービスとは、顧客の心を読み、その要求に応じ、心配りすることである。サービスに必要なのは技術的な要素よりも精神的な要素である。つまり、心からのサービス・自己の利益を超えたサービスほどすばらしいものはない。

自信にあふれ、誠実で信頼の厚い従業員の心からほとばしり出るサービスを受けられる顧客ほど幸せなひとはいない。まず自分に、毎日「さあ!今日は誰にどんなサービスをしようか?」と問いかけ、それをただただ実践すればいいのである。実際にサービスをする段階でもう一度、「これで十分」は十分ではないことを確認しなければならない。

著:佐藤創紀 →360サポーターズ


■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。