人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

上司との関係に悩む方に 「BOSS Management」を研究してみては

上司っていろいろな人がいますよね。
私めもサラリーマンの時代には、合わない上司との関係で随分と悩みました。

そのころに、こんな考え方を示してくれる本があれば、ずっと仕事がしやすくなっていたはずだと思っています。

そんな方々に、一読をお奨めします。

吉田さん曰く。

上司は選べないが、接し方は自分で決めることができる プロの部下、その心得 ~自分ができることに徹する


吉田典生著「部下力」祥伝社


もう一冊は、大久保幸夫著「上司に仕事をさせる技術」PHP研究所です。
こちらの本は、BossManagementについて体系的に整理されています。

大久保さん曰く。

<上司の機能>
  ■キャリア・コーチ
  ■アセッサー
  ■トラブルシューター
  ■スタンパー
  ■ハイパー・プロフェッショナル
  ■コ・ワーカー
  ■ネットワーカー

「上司を知り」「己を知らせ」「信頼関係を築こう」

<上司が考える「良い部下」の4条件>
  ■「相・連・報」(=相談・連絡・報告)ができる部下
  ■上司である自分の顔をつぶさない部下
  ■手が回らないところを補ってくれる部下
  ■反応力(=リアクション)が高い部下

「コ・ワーカー機能」の応用。上司を巻き込めば、大きな仕事ができる

戦後高度成長期以来、多くの日本ビジネスパーソンは、上司とのつき合い方がうまくありませんでした。
それにはいくつかの理由が考えられます。
まず最大の理由としては、部下の「甘え」があげられます。
上司は、自分のことを見てくれて、理解してくれて当然だという甘えです。

上司に「仕事をさせる」技術 そうか!ボス・マネジメント!
著:大久保 幸夫 リクルートワークス研究所所長


文責:田辺和彦

■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。