GDLトップページ > 人事管理ヒント集  > 人事制度改善ヒント > 外資系企業の幹部は何故"Describe your job."に慣れているのか?
人事管理ヒント集

外資系企業の幹部は何故"Describe your job."に慣れているのか?

『クビ!論。』 の著者である梅森浩一さんによると、外資系企業の幹部は"Describe your job."といわれれば、スンナリと自分の職務を書き出すことが出来る人が多い、ということだ。

あらかじめ"Job description"が整備されているはずなのに、なぜ職務を定義、記述できる能力が備わっているのだろうか?そもそも職務内容を知りたければ、整備された職務記述書を見れば済むのに、何故わざわざ書き出させるのか?

私の推測はこうだ。

① 変化の早い環境に合わなくなる恐れのある「標準的な職務記述書」を整備する努力を止めた(とくに幹部層での)

② もしも整備されたものがあったとしても、実態を表していない可能性があることを理解しているからこそ「で、いまはどんな職務なの?」と聴く必要がある

③ 幹部の職務内容をつかむだけではなく、一人一人の問題意識、視野の広さ、仕事の進め方、価値観などを垣間見ることが出来るから

ということではないかと思う。

いまでも幹部クラスには職位別の職務記述書を作成させ、それをもとに上司と話し合い、職務評価を行い、職務等級を決定する、という組織はある。スピードが重要で、社外とのネットワークで仕事を進めていくことが大切な時代環境を考えると、今後ますますこの傾向が強まっていくように思われる。「○○部長だから、どんな場合でも、これをやるべき。これが成果。だから6等級」というのではなくなる。

文責:田辺和彦

検査診断へのお問い合わせ

pmark-logo2.gif

検査診断へのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

検査診断へのお問い合わせお問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

PAGETOP