人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

What構築能力の高い「第一線リーダー」の存在 2~その為には何が必要か ~

前のページでは慶応大学の高橋俊介先生の著書「組織改革」から「自律型組織実現のための基本的要件の一つとしてあげておられる「What構築能力の高い第一線リーダーの存在」について、元気な企業の事例を通して考察をしてみました。

では「What構築能力」とは何なのか。

2007年1月7日放送のフジテレビ報道2001で竹中平蔵元金融庁長官は「アジェンダ設定力」の重要性を強調されていましたが、高橋先生の「What構築能力」と同じようなニュアンスだろうと理解しました。

私は、以下のような能力が合成されたものが「What構築能力」だろうと考えます。

1) 現状を直視する力 (Face Reality)
2) 情報収集分析力
3) リスク認識・対策立案力
4) 上司への影響力(上司を説得し上手く使う力)
5) イニシアティブ(主体性、先見性)

とりあえず目的はさて置いておいて、まず走ってみる、というのではなく、何に向かって進むべきなのかをしっかり見極める。そんなタイプのリーダーを世の中は必要としているのだろうと思います。

文責:田辺和彦



営業時間:平日9:00~17:30(土・日・祝日はお休みをいただいております)

システムとFAXは24時間、365日対応しています(メンテナンス時間除)

目標管理へのお問い合わせ

目標管理へのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

目標管理へのお問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。