GDLトップページ > 人事コンサルティング > 4.目標管理連動型人事考課制度の導入・改善
人事コンサルティング

4.目標管理連動型人事考課制度の導入・改善

「結果」と「プロセス」の最適バランス

目標管理は組織運用に有効なツールです。しかし、経営全般のマネジメント(会社目標を全員で追及する経営計画、方針管理)という機能があったり、人事考課に連動させて処遇決定の一助とする、という機能があったり、現在では、ハイブリッド自動車のような制御が簡単ではないツールになっています。

目標管理が導入され始めた1950年代の「従業員の能力・やる気を高めるために行う」という側面は忘れられ「上司から目標を押し付けられている」「上司の為に目標をやらされている」「あんな目標で処遇が決定されているのだから納得できない」と感じている従業員も少なくありません。

「よく考えて目標を立てること」が自分の成長につながる、という意識を育て、目標以外の仕事も嫌がらず、個人主義ではなくチームワークが強化され、という効果的な組織運営につながるような目標管理制度と人事考課制度の設計、見直しをお手伝いしています。

「結果」と「プロセス」のバランスが重要です

人事考課や目標設定で悩んだり、手をこまねいたりする前に。

そのような問題意識をお持ちでしたら、一度、弊社にご相談ください。
何をどうかえればよいか、もっとうまくいくのか、経験豊富なコンサルタントが 企画・ご提案をさせていただきます。

関東中心に、中部地方・関西地方でもサービス提供中です。


コンサルティングへのお問い合わせ

pmark-logo2.gif

コンサルティングへのお問い合わせ、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

コンサルティングへのお問い合わせお問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

PAGETOP