人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

職務分析は「課業を分析する」から「成果を特定する」へ

20世紀の初めにほぼ完成された職務分析という技術。

それは「課業」の分析からスタートし、その職種ならではの特徴的な課業、その等級(職務レベル)ならではの課業を見つけて、それを差異重点課業(Critical Insident Task)とする。

その差異が、等級の違い、職種の違いを表すもの(メルクマール)である、として職務記述書や職務要件書で表現する。という手順を踏んだ。

例えば、「給与計算」を主な課業として担当する人は、「給与計算 中級職」。
この課業に加え、「給与計算方式の企画」という課業も担当する人は「給与計算 上級職」と定義して人事管理していく、というイメージだ。
*この場合、「給与計算方式の企画」が差異重点課業(CIT)

しかし20世紀の末ぐらいから、課業(Process)を追うのではなく、成果(Output)を明らかにする事によって仕事を明確に記述できないか? という試みがなされ始めた。

そう成果主義の台頭の影響である。

その具体的なトレンドについては、別のページで記述したい。

文責:田辺和彦

人事考課コンサルティングへのお問い合わせ

人事考課コンサルティングへのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

人事考課コンサルティングへのお問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。