人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

従来型の職務記述書の問題点

従来の職務記述書は、職務(課業という単位が対象)と、職務遂行要件(必要な能力、経験など)で構成されていました。

しかし、課業を詳細に分析しても、その変化のスポードが早く、「作成途中ですでに過去のものになっている」などの事態も見られました。

また、詳細に課業を書き出したり、インタビューしたりするために現場の負担も相当です。
私(田辺和彦)が出会った事例では、「総務の職務を分析する為に」といってコンサルタントがまとめさせたファイルが20㎝の厚さに達していました(中小企業です)。

課業を詳細に記述して等級別に差異を表現しようとするあまり、「こんな仕事って何年かに一度ですよね?」みたいな仕事がリストアップされていることもあります。

このような反省を踏まえ、最近の事例では、「期待される成果(アカウンタビリティー)」、「この職務の使命、目的」のような「目的から記述していく」というスタイルに変更されつつあります。

GDLがお奨めする標準タイプを用意しております。お気軽にお問い合わせください。

文責:田辺和彦

人事考課コンサルティングへのお問い合わせ

人事考課コンサルティングへのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

人事考課コンサルティングへのお問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。