GDLトップページ > 検査・診断 > 評価傾向診断(評価のクセ)
検査・診断

評価傾向診断(評価のクセ)

評価傾向診断_評価のクセ.jpg
Web上で簡単な質問に答えれば、その人の「評価の癖(クセ)」「考課傾向」「考課エラー」等と呼ばれる「評価傾向」がわかります。

短時間、低コストでご利用いただけることから、新任管理職研修や考課者訓練などでご活用いただいております。

フィードバックの際にご利用いただける解説ヒント集(PowerPoint)をご用意しております(研修にもご利用可能です)。

※英語版のご用意もございます。

  →9つの評価傾向  →回答時間  →回答方法  →ご利用例

  →ご利用の流れ  →診断レポート  →解説書  →利用料金

~ 評価傾向診断をこのような場面でご活用ください ~

 ● 管理職の人事考課能力の開発に

 ● 考課者訓練の検討用資料として

 ● 人事考課の客観性・納得感を高める為に

 ● 新任管理職のプログラムとして

9つの評価傾向(評価のクセ)

評価傾向意味
寛大化傾向 評価点が甘め(高め)になる傾向 →主な原因
厳格化傾向 評価が厳しめ(低め)になる傾向 →主な原因
中心化傾向 評価点が中心(普通)に集まりがちな傾向 →主な原因
対比誤差 評価基準としての対比ではなく、自分との対比で評価をつけてしまう傾向 →主な原因
逆算化傾向 結果としての処遇を意識しすぎて、一つ一つの評価が不適切な評価に陥る傾向 →主な原因
ハロー傾向 大きな業績やミスなどで本当の姿がよく見えなくなり、不適切な評価に陥る傾向 →主な原因
論理誤謬 評価項目の意味を取り違えたり、評価項目間の関係を間違って理解する傾向 →主な原因
因帰属誤差 部下の実績の原因を過度に業務環境に求めて評価を甘くしたり、逆に過度に本人の責と考えて厳しい評価をする傾向
評価アパシー(無力感) 人事評価に対して高いモチベーションを保てず、評価情報収集や因果関係分析が弱くなる傾向

回答時間

回答方法

特徴

パソコンを使うビジネスマン.jpg

簡単&低コスト

メールで受信したIDとパスワードで回答画面にログイン。複雑な操作は一切ありません。最短で当日からご利用可能です。

事務局の負担を軽減する機能、オプションが多彩

回答者の登録・設定は一括で行えます。進捗状況も一目で把握でき、回答・リマインドメールもシステムより配信可能です。回答終了次第、診断結果を出力することができます。また、回答者本人の画面から出力することも可能です。

ご利用例

ご利用の流れ

評価傾向診断ご利用の流れ2-500.png

評価傾向フィードバックレポート サンプル(クリックで拡大)

sample400.png

※レポートのカスタマイズも可能です。料金等は別途、お見積りしますので、ご相談ください。

解説書(フィードバック時や研修にご利用可能です)

診断レポートの見方、回答者の評価傾向をつかみ、そこから起こり得る現象、原因、対策についての詳細解説書をお渡しします。※研修でもご利用いただけます。

評価傾向診断解説書.png

利用料金

回答方法 内容 初期費用(税別) 料金(税別)
Web【スタンダード】 御社にて利用者登録、進捗管理、出力等を行なって頂くプランです。 25,000円 2,000円/人
Web【代行】 GDLにて利用者登録、進捗管理、出力等を行なうプランです。 25,000円 2,300円/人

※紙でご利用希望の場合は、ご相談ください。

オプション 料金(税別)
標準質問セットの修正 2,000円/1質問
他社平均値作成 5,000円
グループ別平均・偏差作成 10,000円~

人事考課・人事評価のヒント集は→こちら

  • GDLで評価傾向診断をご利用いただくメリット
評価傾向診断は最短お申込み当日からご利用可能です。
診断は1名様から喜んでお引き受けします。
メールや電話で迅速にご対応します。
訪問にてのご説明はいたしておりません。

検査診断へのお問い合わせ

プライバシーマーク取得済み

検査診断へのお問い合わせ、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

検査診断へのお問い合わせお問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

PAGETOP