GDLトップページ > 人事管理ヒント集  > 人事制度改善ヒント > 最近3年間におけるメンタル不調者は増加傾向 ~労政時報調査より~
人事管理ヒント集

最近3年間におけるメンタル不調者は増加傾向 ~労政時報調査より~

全産業で55.2%が「増加」、300名未満企業では32.5%が「増加」と回答。増加が目立つ年代は、製造業では30代(59.3%の回答)、非製造業では20代(50.0%の回答)。

一方、メンタルヘルス対策のベスト3は以下の通り。

①「心の健康対策を目的とするカウンセリング(相談制度)」

②「電話やEメールによる相談窓口の設置」

③「管理職に対するメンタルヘルス教育」→300人未満企業では「社内報・パンフレットによるPR」

どこかの自己啓発書で「話す」とは「放す」という意味がある、と読んだ記憶がある。モヤモヤした気持ちをとりあえずは「放す」ということが大切なのかもしれない。

労政時報 第3725号 2008年5月9日発行より

文責:田辺和彦

 

コンサルティングへのお問い合わせ

コンサルティングへのお問い合わせ、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

コンサルティングへのお問い合わせお問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

この記事に関連するキーワード

健康管理


PAGETOP