GDLトップページ > 検索結果

検索結果

キーワード "評価傾向" のサイト内検索結果

360度フィードバックレポートに全社平均は必要か?

管理職となったばかりの私には、多面評価が非常に参考となり、自己課題を見つけること...

360度評価(多面評価)に他社比較は不要では?

360度評価(多面評価)は、本人の気づきを促すツールである。特に部下と自分自身の...

"査定" から『人事考課』『人事評価』、『performance management』へ

昭和のころまでは社員の仕事にぶりに関する評価を「査定」と呼んだ組織が多かった。昇...

9.評価傾向診断(評価のクセ)

質問用紙やWeb上で簡単な質問に答えれば、その人の「評価の癖(クセ)」や「考課...

年俸制度の設計

幹部や社員のコミットメント、やる気を引き出し、業績を向上させる年俸制度。 しかし...

チームへの貢献度を相対評価で申告?

自分自身で、「チームにどの程度貢献したか」という申告では、全員の自己評価の合計は...

ドライバーの評価制度の事例 ~ ポイントが貯まる! ~

ドライバーの評価ポイント制 運送業界でトラックの運転手の評価制度の確立に取組んだ...

職務(役割)評価コンサルティング

役割や職務の高さ、重さを評価し、基本給や基本年俸を決める際に行う評価制度です。 通常は「人事考課」として括られている評価を、もともとの「役割の重さだけをまず評価する」という位置づけです。結果としての成績だけで処遇をするのではなく、もともとの職務の困難さを評価しようとする仕組みです。 制度の概念的には、次のような関係になります。 人事考課 = 職務評価 + 業績評価

人事考課コンサルティング

自分達の組織にフィットした人事考課制度を構築したい。このような組織に対するコンサルティングです。

部門業績評価コンサルティング

部門別の業績をどのように反映すれば良いのか? 業績評価基準や部門メンバーに分か...

『結論から入るフィードバック』の是非

人事評価、業績評価のフィードバックは、評価の結果、たとえばSABCDという評語を...

逆算化傾向とは?

逆算化傾向とは、人事考課における考課者が陥りやすいエラーの一つ。 賞与や昇格など...

近接誤差とは?

近接誤差( Recency Bias )とは「直近誤差」「直近効果」とも呼ばれ、...

対比誤差とは?

対比誤差とは、人事考課における考課者が陥りやすいエラーの一つ。 考課者自信を基準...

論理誤謬とは?

論理誤謬とは「論理的誤差」とも呼ばれ、人事考課における考課者が陥りやすいエラー...

ハロー効果とは?

ハロー効果(Holo Effect)とは、人事考課における考課者が陥りやすいエラ...

中心化傾向とは?

中心化傾向とは、人事考課における考課者が陥りやすいエラーの一つ。 的確な判断を下...

厳格化傾向とは?

厳格化傾向とは、人事考課における考課者が陥りやすいエラーの一つ。 実際よりも厳し...

寛大化傾向とは?

寛大化傾向 ( Leniency Bias )とは、人事考課における考課者が陥り...

検索結果

PAGETOP