GDLトップページ > CUBIC適性検査 > 採用適性検査を行う理由
CUBIC適性検査

採用適性検査を行う理由

採用場面においては、まず始めに各個人の主性格を把握しておく必要があります。

これは、この項目がなかなか変わりづらい気質の部分を表していて、採用後に伸ばしていける項目ではないからです。

例えば営業職として採用選考を行う場合、内気で消極的な人よりも、もともと活発で行動的な人の方が向いていると考えられます。また経理など一般事務系の職務では、仕事にムラが少なく安定してやり通す傾向の方が優先されます。

ただ、このように職務ごとの一般的な傾向は見て取れますが、各企業によってこの傾向は違ってきます。

同じ営業職であっても、扱う商品や対象顧客の違いによって業績を上げるタイプは異なりますし、ある特定のタイプだけが業績を上げているわけでなく、各個人が個性を活かして職務を遂行しているはずです。その職務に就くのは不向きだと思われる応募者を事前に見抜くという点に重点をおくとよいと思われます。

CUBIC採用適性検査は、気質だけではなく基礎的な職場場面での社会性及び環境順応性や、ヤル気・意欲・思考能力など広範囲にわたって適性を観ることが可能です。

採用選考のコストを抑える

採用に関わる費用というと、募集のための広告費が目立ちます。

しかし実際のところ最も大きな費用は「優秀な人材を獲得できれば生じなかった機会損失コスト」です。例えば中途採用者一人を採用するために、ネット上で募集をかけたとしましょう。メディアにもよりますが、20万円~80万円程度の外部流出コストが「目に見えるコスト」として発生します。

採用が成功し、他の社員並みに成果が獲得できる人材だった場合と、そうでなかった場合のギャップは、営業職では年間数百万円~数千万円にのぼったりします。技術系でも、採用ミスしたばかりに客先とトラブルを起こしたり、納期が遅れそうになる分を他の社員がカバーしたりするなど、結局は0.5人分の生産性の人材を雇用してしまったなどというケースもよくある話です。 機会損失コストは、顧客からの信頼低下などを省いたとしても、年間数百万円にのぼります。

面接との組み合わせでより確かな採用選考へ

面接はとても大切な採用のプロセスです。が、面接に頼りすぎると、面接に関わる人材の時間コストがかかるだけではなく「上手く面接をすり抜けるロー・パフォーマー(成果獲得が期待できにくい人)」を採用してしまう危険性が増大します。面接官のハートが、上手い面接をする応募者に揺さぶられてしまう前に、クールな判断ができる材料を取り入れましょう。

適性検査を実施すると、応募者は「しっかりした組織に入ることになる。がんばらなくては!」という気持ちにさせるという効果もあります。 不採用者に対しても「面接の印象だけで落とされた」という嫌な印象を与えずにすみます。

そのためにも、ぜひ適性検査をご採用面でご活用いただきたいと思います。

その他、弊社の採用活動を通じて実感した事柄をヒント集として提供しています。 採用のヒント集は「採用、適性検査ヒント」をご覧ください。

またご利用いただいた企業様のご利用例や感想などもご覧ください。
ご利用例・お客様の声・Q&A

無料お試しの詳細は「適性検査トライアル受付中!」をご覧ください。
Web採用適性検査ご希望のお客様は「Compass適性検査」をご覧下さい。
  • GDLで適性検査をご利用いただくメリット
CUBIC適性検査はお申込み当日からご利用可能です。
分析は1名様から喜んでお引き受けします。
分析結果は通常30分ほどでお返しできます。
多人数様でもご希望の期日までに納品いたします。
データは数名で確認作業を行い、迅速に正確な分析結果をお届けします。
分析結果の見方などお電話での無料サポートもお受けしています。
お申込のお客様に『職種別・業種別分析結果見方アドバイスシート』をご用意しております。

ぜひ、お気軽にお問合せください。(企業様向けのご提供となります)

*訪問にてのご説明はいたしておりません。

※ご利用方法が簡単なこともあり、ご説明はお電話やメールにてお願いしております。訪問にてのご説明はお受けしておりません。ご了承ください。

CUBIC適性検査無料トライアル受付中!

採用適性検査無料トライアルのご案内

【TEL】フリーダイヤル0120-417-420 【FAX】047-368-7782

プライバシーマーク お見積もり、資料請求などもお気軽にお問い合わせ下さい。

営業時間:平日9:00~17:30(土日祝日は営業しておりません)
FAX:24時間対応
支払い方法:ご利用の月末締めで請求書発行。翌月の月末までに銀行口座振り替えよりお支払い下さい。»ご利用までの流れ。


PAGETOP