GDLトップページ > 人事管理ヒント集  > 人事考課・人事評価 ヒント集 > 効果的な「人事考課調整会議」 - 宿題を出す -
人事管理ヒント集

効果的な「人事考課調整会議」 - 宿題を出す -

人事考課調整会議ですべて決める、という方法もあるだろう。
しかし、もっと効果的な方法がある。

調整会議では、主に以下の3点をチェックする。

実際の人事考課の見直しは、一次考課者の宿題にする。

一度に片づけた方がスッキリするし納期も限られているし、と思われるだろうが、一次考課者の育成のために、人事考課の再調整は宿題にする。

宿題にする効果は、以下の点に出てくる。

①最初の人事考課に信頼性がでる(調整会議で皆でやってくれるという安易な考えを捨ててくれる)

②再度、考える時間を与えることで、人事評価のルールへの理解が深まる

③一次考課者が考課に対する自信を深める(主体者意識)

④フィードバックに自信、迫力がでる(結果として部下の行動変化を呼びやすい)

人事考課の時期は、期首、期末など業務繁忙期と重なる組織が多いと思う。でも何とか時間を遣り繰りして、部下育成や組織活性化につながる人事考課を実現して欲しい。

■評価のクセを知るには→評価傾向診断

この記事に関連するキーワード

評価基準整合評価項目評価項目整理


PAGETOP