GDLトップページ > 職務記述書・職務分析 > 差別的処遇を排除しようとする潮流
職務記述書・職務分析

差別的処遇を排除しようとする潮流

男女差別禁止は日本でも定着化しつつありますが、人種や年齢などによる差別を禁止しようという流れは加速しています。
解雇等に伴う裁判でも、職務分析プログラムなどが機能し、人事管理の基準が明快であったかどうか、人事評価は適切に従業員にフィードバックされ、もしも評価結果に異議があった場合、それを受け付ける仕組みは動いていたのか、パフォーマンスが充分でない従業員に対して能力開発などの手を打っていたか、などが重要な要素だ、という判例が積み重なりつつあります。

職務記述書・職務分析へのお問い合わせ

pmark-logo2.gif

職務記述書・職務分析へのお問い合わせ、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

職務記述書・職務分析へのお問い合わせお問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

PAGETOP