CUBIC適性検査 ご利用規約

第1条(目的)
CUBIC適性検査は、株式会社ジィ・ディー・エル(以下GDLと表記)が運営する個人適性分析です。この規約はクライアントとGDL相互の信頼に基づく公正な取引関係を確立し、相互の利益と業務の発展をはかることを目的とします。

第2条(役割の名称)
この「ご利用規約」で表現する4つの役割とその名称は、次のようになります。
1. GDL ~ CUBIC適性検査の運用保守を担当します。
2. クライアント(法人)~ CUBIC適性検査をご利用いただく法人名です。
3. クライアント(窓口担当)~ ご利用される法人内での窓口担当の方を指します。
4. 受検者 ~ CUBIC適性検査を受検される方を指します。

第3条(料金規定)
CUBIC適性検査に関する料金は、GDLホームページ「CUBIC適性検査:料金表」に基づくものとします。

第4条(お支払い)
CUBIC適性検査は有料のサービスです。お申し込み後ご利用月にて集計、ご請求書の期日までに指定口座にお振込ください。お振込手数料はご負担願います。

第5条(登録審査および登録取り消し)
以下の場合は、登録をお断りします。またご利用中でも登録を取り消すことがあります。
1. 登録フォームに虚偽の記載がなされている場合
2. 事業内容が法令に違反している場合
3. 登録した法人が実在しない、あるいは事業を行っていない場合
4. 所定の期日になっても入金が確認できない場合

第6条(登録内容の変更通知)
クライアントは、登録内容(法人名、住所、電話番号、担当部署、担当者名、メールアドレス等)に変更が生じた場合は、速やかにGDLにその旨を連絡する義務を負うものとします。

第7条(受検者の機密保持管理責任)
受検者の個人情報(氏名その他データ)は、クライアントとGDLの共同で管理責任を負うものとします。機密度を高める必要があるクライアントは、検査実施前にGDLにその旨をご連絡いただき、受検者の氏名を検査用紙に記入せず受検番号または姓名の頭文字等を組み合わせた記号をご使用ください。

第8条 (プライバシーの取扱)
GDLは、プライバシーポリシーにそって、クライアント情報および受検者の情報を管理します。

第9条(お客様入力の評価データの統計処理活用)
分析結果は、GDLがバックアップおよびデータ傾向分析のために利用することがあります。
クライアント名が特定されない分類方法によって統計処理された平均値や偏差などのデータは、一般的な傾向として、レポートに表示・活用することがあります。

第10条 (検査用紙の管理保持)
GDLよりクライアントに送信する検査用紙および資料に関して、これらを無断で複製・転用・他言語への翻訳、または公開することはできません。クライアントは検査用紙および資料の漏洩を防ぐため、厳重な管理責任を負うものとします。

第11条(免責事項)
クライアントならびにユーザーがCUBIC適性検査を利用することで生じた損害については、GDLは一切その責を負わないものとします。
第12条(サービスの停止)
GDLは、本サービスを円滑に運営していくため、以下の場合に予告なくサービスの運用を停止することができます。
1. 地震、落雷等の天災・火災・停電・第三者による妨害行為などの場合
2. 定期保守・緊急保守の必要な場合
3. その他やむを得ない事情が発生した場合

第13条(規約の発効時期)
この規約は2008年2月15日より有効となります。

以上