人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

「全員がごみを拾う」

ディズニーでは、従業員全員がごみを拾うという。お客様を助けるということがディズニーの企業文化になっており、お客様と接すること全てが企業の価値を創造するチャンスである。

これは従業員個人についても同じことが言える。従業員は、お客様と接するその「魔法の瞬間」を自分で演出し、それを心待ちにしているのである。だから、お客様と接するその機会が訪れれば、喜んでお客様のところに駆けつけるのである。結果的に、積極的でフレンドリーな行動になっているのである。それを成り立たせているものは、会社から与えられたものではなく、自分自身であり、その自己信頼である。自分を磨くために、さらにお客様との出会いの演出を考え切磋琢磨していくのである。ゆえに、従業員全員が、喜んでゴミを拾うのである。

お客様との全ての接点(電話・来店・インターネット・手紙...)を活かす、魔法の瞬間にするために必要なことが、自然と行動化できる風土になっているかどうかである。そしてそれを伝統として新しい仲間に伝えていけるかどうかである。それは、全て従業員ひとりひとりに任せられていることである。それが従業員自身を磨くことだということを、会社はいかにサポートできるかである。

著:佐藤創紀 →360サポーターズ


■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。