人事管理ヒント集HUMAN RESOURCE MANAGEMENT HINT

リーダーは、仕事のことを離れて語る。ロバート・ケネディ(アメリカの大統領候補)の映画を見て

リーダーは、たまには仕事のことを離れて、メンバーに語りかけることが大切だと思う。

その人の人柄、感じ方がにじむような話が良い。

映画「ボビー」を見てそう感じた。


今日は政治を語ることはしません。この機会にぜひ伝えたいことを簡単にお話します。

アメリカでの心無い暴力について。

暴力は国の名誉を汚し、人々の命を奪います
それは人種に関係ありません
暴力は犠牲者の黒人、白人、富者、貧者、若者、老人、有名、無名
なによりもまず彼らは人間だということ
誰かに愛され必要とされた人間なのです
誰であろうとどこで暮らそうと
どんな職業であろうと
犠牲者になりえます
無分別な残虐行為に苦しむのです
それなのに今なお暴力は私たちのこの国で続いています
なぜでしょう?
暴力は何を成し遂げたのでしょう?
何を創りだしたでしょう?
アメリカ人の命が別のアメリカ人により不必要に奪われる
それが法の下であろうと
法に背くものであろうと
人または集団によって
冷酷に計画して
また激情にかられて
暴力的攻撃によって
または応酬によって
一人の人間が苦労して
自分や子供のために
織り上げた生活や人生を暴力で引き裂く
暴力すなわち
国家の品位を貶めることです
それなのに私たちの人間性や文明社会を無視しているのに
私たちは力を誇る者や
力を行使する者を安易に賛美する
自分の人生を築くためなら
他者の愛さえ打ち砕く者を
私たちはあまりにも安易に許してしまう
でもこれだけは確かです
暴力は暴力を生み
抑圧は報復を生みます
社会全体を浄化することによってしか私たちの病巣を取り除けません
あなたが誰かに
人を恨み恐れろと教えたり
その肌の色や信仰や考え方や行動によって劣っていると教えたり
あなたと異なる者があなたの自由を侵害し仕事を奪い家族を脅かすと教えれば
あなたもまた他人に対して
同胞でなく敵として映るのです
協調ではなく力によって征服し
従属させ支配すべき相手として
やがて私たちは同胞をよそ者として見るようになる
同じ街にいながら共同体を分かち合わぬ者
同じ場所に暮らしながら
同じ目標を持たぬ者として
共通するものは恐れと
お互いから遠ざかりたいとという願望
考え方の違いを武力だけで解決しようという衝動だけ
地上での私たちの人生はあまりに短く
なすべき仕事はあまりに多いのです
これ以上暴力を私たちの国ではびこらせないために
暴力は政策や決議では追放できません
私たちが一瞬でも思い出すことが大切なのです
共に暮らす人々は皆、同胞であることを彼らも私たちと同じように短い人生を生き与えられた命を私たちと同じように最後まで生き抜きたいと願っているのです
目的を持ち幸せに満ち足りた達成感ある人生を送ろうと
共通の運命を生きる絆は必ずや
共通の目的を持つ絆は必ずや
私たちに何かを教えてくれるはずです
私たちは必ず何かを学ぶでしょう
周りの人々を仲間としてみるようになるはずです
そして努力し始めるでしょう
お互いへの敵意をなくし
お互いの心の中で再び同胞となるために

~ロバート・F・ケネディ~映画 ボビィ より

■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ

この記事に関連するキーワード

お問い合わせ

新人採用時の適性検査、中途採用時の適性検査、社内研修や人事コンサルティングのご相談など、
専任スタッフがご要望に応じてご対応いたします。