GDLトップページ > 研修・コーチング
研修・コーチング

研修・コーチング

1.目標設定スキル向上研修(管理職向け 1日)

目標管理制度を効果的に運用していくためには、そのスタートとなる「目標設定」のスキルを高めていくことが非常に大切です。

抽象的な目標設定では、部下のモチベーションは向上しませんし、目標が達成できる可能性も低くなります。

また重点課題ではない、ツボが外れた目標設定を認めてしまいますと、部下の目標は達成できたとしても、部門の目標が達成できません。

特に目標管理と連動した人事評価制度を運用される場合、期首の目標設定が曖昧なままスタートを切らせると、期末、上下間で評価が合わなくなります。




2.目標管理研修(一般社員向け 3時間)

現在では、公的機関を含め、多くの組織で目標管理制度が導入されています。しかし目標管理制度は、自分の成長をもたらすツールです。"大切に使っていこう"とポジティブに考えているメンバーは多くありません(弊社の研修前アンケートでは1割未満です)。 むしろ「目標を管理されている、やらされている」というネガティブな考え方が広がりがちです。 しかし、この「目標管理のやらされ感」を払拭しされませんと、組織の中で多数を占める一般の社員・職員(非管理職)のモチベーションは上がりません。またその上司である中間管理職も「目標設定に対してモチベートされていない部下」と「上層部からの高い期待」との狭間で苦しむことになります。 そうなると結果的に、目標管理制度は、組織や個人の成長、強化をもたらすものとはなりません。

この研修は、短時間(標準3時間)で、目標管理のエッセンスを理解してもらい、主体的に目標管理に取り組む姿勢を強化します。




3.目標管理&人事考課訓練(管理職向け 1日)

新任管理職や既存の管理職に向けた「目標管理」と「人事考課」に絞り込んだ1日の研修会です。

標準カリキュラムと標準テキストで進める研修会と、お客様の人事制度に合わせてカスタマイズして行う研修会の2種類があります。




4.目標管理研修&考課者訓練(管理職向け 2日)

「目標管理制度」と「人事考課制度」、個々の内容を詳しく理解するだけではなく、関連性までじっくりと考察し、部下育成や組織業績に寄与するような人事制度の運用を出来るようなノウハウを2日間で身につけていただきます。




5.評価フィードバック研修(管理職向け 1日)

人事評価結果(人事考課のABCD等の標語)のフィードバックは、部下のモチベーションや将来の成長を左右する重要なイベントです。

しかし「短期間に面談しなければならない」とか「部下の行動を充分に見られていない」「二次考課や人事部門の調整結果を充分に理解していないから部下に伝え難い」といったこと等から、部下が納得する適切なフィードバックが行えていないケースもよく見られます。

また一定の時間をかけてフィードバックはしているものの、部下に理解度を確かめずに一方的に進めてしまう「押し付け的なフィードバック」に陥っているケースも散見されます。この場合は、時間をかけた割には、部下はモチベーションがあがりませんし、具体的な行動や能力の改善に結びつかず組織や本人の成長に寄与しないフィードバックになってしまいます。

このコースでは、フィードバックを通じて、部下に育成や、評価の納得性向上に結びつけるスキルを開発します。




6.多面評価を活用したリーダーシップ強化プログラム(1日)

多面評価を活用したリーダーシップ強化プログラムです。参加者の具体的な行動や強み、弱みを多面評価で明確にした上で行いますので、職場での行動改善効果が高いプログラムです。




7.コーチング

集合研修やe-Learningでは、一般論が学べます。しかし受講生一人一人の個性や職場の実情はかなり異なるはずです。

このコーチングサービスは、一人一人の課題や職場の状況に合せ、プロのビジネスコーチがコーチングをするサービスです。




8.受講者アンケート結果と感想

研修・コーチングを受講した方のアンケートをまとめた項目です。
受講していただいた方の約9割が満足して頂ける結果となりました。
本ページでは、研修・コーチング評価と受講者の声を紹介しております。





PAGETOP