GDLトップページ > 人事管理ヒント集 > ビジネスには『アイコンタクト』が大切
人事管理ヒント集

ビジネスには『アイコンタクト』が大切

相手が気持ちよく話ができるようにするにはどうすればよいでしょうか。
相づちのバリエーションを増やすことやアイコンタクトなども重要です。
楽しい話題は声を高めのトーンに、また深刻な話や悩みごとは低めのトーンに。
聞くひとにとっては、話の内容がわかりやすくなります。

ビジネスでの取引や打合せをする時には、声のトーンを低めにし、ゆっくりと考えながら話しましょう。信頼性は高まります。

アイコンタクトは、初対面の相手やビジネスの相手には、2秒合わせて1秒はずすのが鉄則です。

目を合わさずに話すことは、相手を無視しているのと同じです。
また、見つめすぎて話をすると、相手に圧迫感を与えてしまいます。

前傾姿勢で相手の話を聞けば「その話、興味あります」「もっと聞きたいです」というサインになり、相手に対する印象はぐっと良くなるでしょう。

■多面評価や自己診断なら → gdl360.com検査・診断シリーズ


この記事に関連するキーワード

アイコンタクト聞き手への配慮


PAGETOP