GDLトップページ > 人事管理ヒント集  > 採用、適性検査ヒント > 「Web受検」Vs.「紙受検」 それぞれの長所と課題
人事管理ヒント集

「Web受検」Vs.「紙受検」 それぞれの長所と課題

最近はWebで適性検査や能力検査ができるサービスが増えています。

■GDL社で提供する『Web受検』対応商品は以下の通りです。
Compass」「インサイト」「CUBIC for WEB

■GDL社で提供する『紙受検』対応商品は以下の通りです。
CUBIC」「インサイト」「DIST(ストレス耐性専門テスト)」「Disc Classic

■「Web受検」と「紙受検」それぞれの長所をまとめましたので、参考にして下さい。

■『Web受験』の長所と課題  

<長所>  

1.PCとネットワーク環境さえあればよい  

2.どこでも受検可能(自宅でも、出張先でも)  

3.担当者が全体を管理しやすい(未回答者など)  

4.メンテナンス時間を除けば、365日24時間利用可能  

<課題>  

1.受検人数分のPC等が必要に(10人同時だと10台必要に)  

2.替え玉受検の可能性(テストセンターなどを利用する場合は別)  

3.担当者がソフトウェアの操作に慣れる時間が必要に(異動する場合は、引継が必要に)

■『紙受検』の長所と課題  

<長所>  

1.操作を覚える必要がない(結果判定に集中できる)  

2.PCの台数を確保するより低コスト  

3.個人のPCやメルアドを持たない従業員も利用しやすい  

4.その場で結果集計可能な商品『DIST・Disc』も(研修などで使いやすい)  

5.替え玉受検はできない  

<課題>   

1.在庫管理が必要になる(10人受検すると10セット必要に)   

*『DIST・Disc』は在庫が必要。GDL社が在庫保管できます   

*『CUBIC』はPDFを人数分打ち出すだけ。在庫管理は不要   

2.回答終了から分析結果が返ってくるまでにタイムラグがある   

*「DIST」「Disc」はタイムラグなし   

*「CUBIC」は最短30分   

*「インサイト」は2営業日   

検査診断へのお問い合わせ

pmark-logo2.gif

検査診断へのお問い合わせは、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

検査診断へのお問い合わせお問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

PAGETOP