GDLトップページ > 人事管理ヒント集 > キラーストレスとは ~NHKスペシャルから~
人事管理ヒント集

キラーストレスとは ~NHKスペシャルから~

人は何故ストレスを感じるのでしょうか。
ストレス反応は太古の狩猟時代には、人類が生きていく上で必要不可欠なものでした。
天敵だらけの厳しい自然の中で、生き残るために身に着けたものだったのです。

ところが天敵がいなくなった現代社会では、仕事や人間関係といったストレス源に、止むことなく晒されるようになりました。

ストレスを感じることにより脳内の扁桃体が反応し、副腎からストレスホルモンが分泌され、心臓疾患や脳のダメージによる鬱、がんを発症させたりすることになったのです。

頑張ろうとするストレスは『体』に、我慢しようとするストレスは『心』に反応するといわれています。

ストレス反応が絶え間なく繰り返されることにより、過剰になったストレスが『キラーストレス』となり、致命的なダメージを引き起こすことになりました。

こうしたことにどう対処すればよいのか。
NHKスペシャル番組『キラーストレス』では、以下3つの対処法が紹介されています。

運動 ⇒ 自律神経の興奮を抑え、脳の構造(延髄)まで変えることが可能。
コーピング ⇒ ストレスを観察し、対策を意識的に繰り返し、自身のストレス対策を認知する(気晴らしを用意しておく。)
マインドフルネス ⇒ 宗教色を廃した瞑想による心理療法。過去や未来といった煩わしいことは考えず、今だけを見つめる。


■NHKスペシャル番組『キラーストレス』は→こちら
■ストレス度合いを量れるライフイベントストレスチェック表は→こちら
■「ストレス耐性テスト:DIST」は→こちら
■「ストレス耐性診断:CUBIC」は→こちら
■「ストレス耐性診断:インサイト」は→こちら


この記事に関連するキーワード

計画性


PAGETOP