GDLトップページ > 人事管理ヒント集  > 人事制度改善ヒント > 心の病の最も多い職種は "技術職" 。年齢層は30代が飛び抜けている
人事管理ヒント集

心の病の最も多い職種は "技術職" 。年齢層は30代が飛び抜けている

社会経済生産性本部「メンタルヘルスの取り組み」に関するアンケート調査によると、心の病の最も多い職種は「技術職」ということだ。

次に事務職、営業職、技能職、管理職、研究職となっている。年齢層は30代が飛び抜けている。

融通のきかない「機械やソフト」と、お客様、営業職、上司などの「人」との板挟みになりやすく、部下や予算などのリソースが充分でない「技術職30代」、という像が見えてくる気がする。

文責:田辺和彦

検査診断へのお問い合わせ

検査診断へのお問い合わせ、お問い合わせフォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

検査診断へのお問い合わせお問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

PAGETOP