GDLトップページ > 研修・コーチング > 2.目標管理研修(一般社員向け 3時間)
研修・コーチング

2.目標管理研修(一般社員向け 3時間)

現在では、公的機関を含め、多くの組織で目標管理制度が導入されています。しかし目標管理制度は、自分の成長をもたらすツールです。"大切に使っていこう"とポジティブに考えているメンバーは多くありません(弊社の研修前アンケートでは1割未満です)。 むしろ「目標を管理されている、やらされている」というネガティブな考え方が広がりがちです。 しかし、この「目標管理のやらされ感」を払拭しされませんと、組織の中で多数を占める一般の社員・職員(非管理職)のモチベーションは上がりません。またその上司である中間管理職も「目標設定に対してモチベートされていない部下」と「上層部からの高い期待」との狭間で苦しむことになります。 そうなると結果的に、目標管理制度は、組織や個人の成長、強化をもたらすものとはなりません。

この研修は、短時間(標準3時間)で、目標管理のエッセンスを理解してもらい、主体的に目標管理に取り組む姿勢を強化します。

コースの特徴

①「目標管理をやらされている感じ」を払拭し、自分の成長の為に、という認識を持ってもらう。

②集中力が持続する短時間(3時間)でエッセンスが学べます。

③幾つかケーススタディーも用意されていますので「良い目標」のイメージがつかめます。

コースのねらいと内容

なぜ目標管理が大切なのか、自分にとってどういう意味があるのか? この点をしっかりと理解してもらい、目標設定の基礎スキルを習得していただきます。

①目標管理が自分自身の成長につながるという意識を認識する。

目標管理の3つの効果
良い目標を設定することが、なぜ自己成長につながるのか

②目標の具体的な立て方の方法を理解する。

良い目標は具体化されている
抽象的な目標を設定すると
達成レベルの数値がもたらす効果
数値化の6タイプ

③目標の立案、進捗管理、自己評価などのステップで、上司とどのように相談、報告すればよいか理解する。

目標の進捗は自己管理が基本
進捗管理はマネジメント能力、特にタイムマネジメント能力を向上する
進捗が思わしくないときの対処方法

対象者

①一般社員(目標管理の対象者または、これから対象になる人)

②初任管理職(初めて目標管理の対象者となる部下を持った方)

受講人数 : 人数制限はありません

研修カリキュラム

時間 内容
9:00 ◆オリエンテーション
◆目標管理制度の意義 <講義>
◆目標管理の基本ステップ <講義>
10:00 ◆成長につながる目標管理とは <講義>
◆目標設定の技術
11:00 ◆「良い目標」の具体事例 <事例検討>
◆目標の進捗管理 <講義>
◆まとめ
12:00 終了

※時間帯は、午後、夕刻でも対応可能です。

必要機材

①ホワイトボードまたは黒板
②会場が可能であれば、PowerPointが利用可能な環境(スクリーン、PC等)
③「目標シート事例(デフォルメして作成者が特定されないもの)×4種類」
④「研修テキスト」
⑤TV会議システム(遠隔地の社員を参画させる場合)

費用 : 150,000円(税・交通費別途)

受講生の声

「地下三階の具体的な目標」という例えがよく理解できた。
「自分自身の成長のツール」として目標管理をうまく使っていこうと思う。
具体的な目標をつくる演習と参加者からのアドバイスが良かった。

研修・コーチングへのお申し込み・お問い合わせ

プライバシーマーク取得済み

研修・コーチングへのお申し込み・お問い合わせは、専用の受付フォームより承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

研修・コーチングへのお申し込み・お問い合わせ 受付フォームはこちら

受付フォームがご利用になれない場合は、下記のフリーダイアルをご利用ください。

お問い合わせ電話番号:0120-417-420(フリーダイヤル)

PAGETOP